カテゴリー
FP独立開業

FPが使う3つの提案書

FPはどのような提案書を作るのか?

FPがクライアントにアドバイスを行う際に、単に言葉だけではなく様々なツールを使ってアドバイスを行います。
よく勘違いされがちなのですが、FPは保険や証券などのセールスマンではありません。FPの1番重要な仕事はクライアントのライフプランを一緒に作り、プランの実行を援助することです。その為に、今回ご紹介する提案書の役目は重要です。
FPによって使っているツールは様々ですが、提案書はデザインなどは違えどおおよそ同じような形が多いです。
個別の事情によって作成する提案書は増えますが、今回は基本的にどのクライアントにも作成する提案書に絞りました。
多くのFPが一般的に作成している提案書をご紹介したいと思います。
FPは大きく3つの表をクライアントに作成してアドバイスを行います。

①キャッシュフロー表
②資産残高推移グラフ
③バランスシート

キャッシュフロー表について

[box02 title=”キャッシュフロー表”]

出典:株式会社MILIZE

[/box02]

キャッシュフロー表はお金の流れを把握する表です。100歳までのお金の流れを可視化します。もちろん作成したとおりになるわけではありませんが、いつどのタイミングでお金が必要になるのか予測するツールとして使用します。キャッシュフロー表を作成する事で将来の資金計画のイメージを掴んでいただきます。

資産残高推移表について

[box02 title=”資金残高推移グラフ”]

出典:株式会社MILIZE

[/box02]
資産残高推移グラフは、キャッシュフローで作った収支をより可視化したものになります。
どのタイミングで資金が増減するかが一目で分かります。
対策すべきポイントが見えてきます。上記のプランの場合このままいくと60歳手前で資金が枯渇します。
そうならない為に早めの対策を取る事により安心した老後を迎えることができるでしょう。

バランスシートについて

[box02 title=”バランスシート”]

[/box02]

バランスシートは貸借対照表とも呼ばれ、簡単に言うと「資産と借金がわかる表」です。
キャッシュフロー表よりも重要度が高いと言われています。家計の資産状況を把握する事ができるツールで、資産は多いけど負債も多く負債超過となっているケースなどもあります。この場合債務を整理するなどバランスシートの改善を行う事もあります。

まとめ

いかがでしたか?今回は代表的な3つの提案書をご紹介しました。この他にもクライアントに応じて数十種類の提案書を作る事があります。ですがまずは基本的な提案書をしっかり作るところか始めると良いと思います。提案書は様々なライフプランソフトで作成可能です。以前のコラムをご参照ください。「FPの使うソフトウェアシステム参照」自分にあったライフプランソフトを選ぶと良いと思います。

カテゴリー
質問コーナー

【質問】電子決済やQR決済について種類が多くて分かりません。

平川様からの質問です。

電子決済やQR決済について種類が多くて分かりません。
キャッシュレス化が流行していますが、電子決済の方法が多くてどれを利用するか迷っています。以下の特徴およびオススメの決済方法があれば教えてください。

・クレジットカード
・デビットカード
・交通系電子マネー
・何とかPay(LINEPay,PayPay等)

キャッシュレス化加速について

ここ最近急速にキャッシュレス化に進んでいますね。
平川様がおっしゃる通り種類が多すぎて迷いますよね。
ただ、QR決済などは利用額の20%還元など驚異的に得をする
キャンペーンを行っているので使わない手は有りません。

結論から先に話すと初心者の方はまずは以下から始めましょう!

・クレジットカード
・QR決済(PayPay,LINEPay)

上記を使い分けると良いと思います。
クレジットカードはQR決済と紐づけて使う場合もあるため1枚は持っておくと良いと思います。
QR決済については2種類入れることをおススメします。
理由はそれぞれ店舗で対応可能なQR決済が違う為です。2種類使う事により補完します。

例えばLINEPayは使えるけれどPayPayは使えないなどの場合があるからです。

電子決済について1つずつ解説します。

クレジットカードは簡単に言うと、後払いで買物の支払いができるカードのことです。
カード会社によっては使用額の1%が還元されるなどのメリットがあります。
また手持ちに現金がなくても支払いが出来るので便利です。
一方で、デメリットとしては後から支払いなので気づいたら使いすぎる事があります。
毎月クレジットカードの支払いが大変でという知人が私の周りにもいます。

デビットカードはクレジットカードと似ているのですが
大きな特徴として「即時決済型」であるという点です。
支払ったと同時に、銀行口座から引落がかかります。
クレジットカードで使いすぎが心配な方はデビットカードにするのも1つですね。

交通系電子マネーはSuicaやPASMOが有名ですね。
カードタイプと携帯に内蔵するタイプがあります。
メリットはなんといっても使いやすいです。
タッチするだけで決済できるので他の決済手段と比べて一番使いやすいと思います。
(QR決済はアプリを立ち上げないと使えない為)
電子マネー単体ではそれほどポイントが貯まらないというところがデメリットでしょうか。

現時点でのQRコード決済の種類

最後になんとかPayですが、2019年5月時点では以下があります。
[box05 title=”QR決済の種類”]・PayPay
・LINEPay
・楽天PAY
・OrigamiPay
・d払い
・メルPay[/box05]

それぞれ特徴はありますが、
楽天ユーザーなら楽天PAY
ドコモユーザーならd払い
メルカリユーザーならメルPay
を使い分けるとユーザーメリットがあると思います。

OrigamiPayはクーポンなどが強いのでよりお得にクーポンを得たい場合などは
取得するのも一つかと思います。

現時点で王道はLINEPay,PayPayかと思います。
利用可能店舗が多い事や還元率が高い事が理由として挙げられます。

最初の設定など面倒かもしれませんが、これからキャッシュレス社会はどんどん
進みます。

今のうちから慣れると良いと思います。
今は各企業がしのぎを削ってキャンペーンを行いユーザーに
還元しているので平川様もその恩恵にあずかりましょう。

カテゴリー
FP独立開業

FPの学校開催します!

FPの学校とは?

FPのなかま運営責任者の前田が企画・運営に携わっています。

■学校の特徴

本校では基本的な知識の復習と“顧客の利益に資する”というFPの本来の在り方、それを支えるモラル的な教育に加え、実際のシミュレーションツールを使用したコンサルティングの実践教育を行います。また、卒業生には十分なモラルとスキルを有した人材であることを証明する認定証を発行するとともに、その後のコンサルティング活動を支えるために、専門家やコンサルティングを必要とする消費者とFPをつなぐプラットフォームサービス、コンサルティング支援ツールなどを提供します。

特にこのプラットフォームではFPへの送客を手厚くサポートし、消費者とFPおよび専門家(士業)の連携を支援します。FPが独立する際に直面する大きな課題として、集客の仕方がわからないというものがあります。この課題が解決されない限り優秀なFPも安定的な収入を得ることが難しく、独立を躊躇しているという状態です。

事前説明会当日の写真はこんな感じです。

30名以上にご参加いただきました。

講師の方々です。

FPの学校卒業後のイメージ

講座を修了したFPはスキル・モラルともに十分な水準を満たした人材として認定し、弊社が責任をもって消費者と仲介することにより、FPへは集客という課題の解決策を、消費者へは責任の所在が明確な安心を提供します。

受講を通じてFPとして必要な知識はもちろんのこと、システムツール「Milize FP」の使い方、集客方法を学ぶことができます。株式会社MILIZEではFPを必要としている提携企業に積極的に卒業生を推薦していく予定です。

学校卒業後のイメージ図

募集要項

詳しくはFPの学校特設サイトにて概要の確認お願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

カテゴリー
住宅購入

【FP視点で解説】不動産を買うときの不安の正体

不動産購入は心配事がつきない?

不動産購入は人生の中でもビックイベントですよね。僕のFP事務所では約70%以上が不動産関連の相談です。マイホーム購入のみならず、実家の相続や、不動産投資の営業マンからしつこく電話を受けて困っているなど、多種多様です。日々お客様と面談している中で不安の内容は様々ですが、多くのお客様は漠然とした不安を抱えています。今回は不動産を買うときの不安の正体を明らかにします。そして不安を取り除く方法を解説していきたいと思います。

一体何が不安なのか?

お客様に何が不安なのか質問をすると、大きな買い物なのでなんとなく不安という返答が多いです。
面談の現場では漠然とした不安の原因を一つずつ解明し、不安を解消する作業を行います。
不安の内容は人それぞれですが、以下3つの不安が圧倒的に多いです。

  • 住宅ローンを借りることに対する不安。
  • 人口減少社会で今買うと不動産の価値が下がってしまうのではないか不安
  • そもそも購入と賃貸どちらが自分に合っているのか分からない。

住宅ローンを借りることに対する不安。

住宅ローンは数千万円と非常に高額です。多くの方が人生で一番高い買い物だと思います。
ただ賃貸の家賃を払う事も住宅ローンを支払う事も「住宅コスト」を支払っていることに変わりありません。
問題は「住宅コスト」にかけるお金が適正かどうかです。
この不安を解決するには、将来のライフプランやキャリアプランを考える必要があります。
まずは今の収入と支出をはっきりさせます。意外と家計の収支を把握されてないご家庭が多いです。収支が見えてくると
お子さんは何人を想定するか、教育費はどのくらいを想定するかなど今後かかるであろう支出の棚卸を行います。
また、出産後に奥様が時短勤務や専業主婦になる場合の収入の下落も考慮することも重要です。
キャリアプランに関しては今後の収入はどの程度を想定するのかを考える必要があります。
このように1つずつお金の流れを明確にしていけば返済計画のイメージを持つことができます。
返済計画を漠然としたものから明確にイメージする事によって住宅ローンを借りることに対する不安も少なくなっていきます。

人口減少社会で今買うと不動産の価値が下がってしまうのではないか不安

今後不動産の価格は3極化が進むと言われています。
3極化は大きく次のように分かれます。

  • 3大都市圏
  • 地方中核都市
  • それ以外の地方

不動産を辞書で調べると、「土地やそれに定着する建物・立ち木など。物のうち容易にその所在を変えることが出来ないもの。」とでてきます。ここが非常に重要です。不動産の価値が下がるかどうかは立地に大きく左右されるという事です。駅に近い事や通勤に便利な路線などはこれから人口がさらに増えるエリアも考えられます。
その一方で、郊外エリアや駅から遠い不便な物件は値下がりする可能性が高いです。
購入する物件の将来の資産価値を踏まえて購入を考えると失敗しずらいと思います。
不動産ジャーナリスト榊淳司さんや不動産コンサルタントの長嶋修さんは非常に勉強になる情報を発信されているので一度ご覧になると良いと思います。

そもそも購入と賃貸どちらが自分に合っているのか分からない。

良く賃貸と購入どっちがお得か!?という質問を頂きますが、経済合理性で考えると大差はないと考えます。
一生のうちに支払う住宅コストは賃貸でも持ち家でもさほど変わりません。
例えば賃貸が圧倒的に有利な条件であれば、多くの方が賃貸を選ぶと思います。その結果、物件は全く売れなくなってしまいますよね。なので賃貸が安いとなれば購入の方は物件の価格を下げざる得ないでしょう。そうすると賃貸と購入のバランスがとれていくというのが経済合理性で考えると変わらないという事です。なのでどちらかが確実に特になるという事はありません。ただ個別の事情を考慮すると購入か賃貸かどちらが良いか判断はできると思います。

不動産の営業マンにお金の相談はしてはいけない!?

家を買う際に相談しやすい人と言えばまず第一に不動産営業マンではないでしょうか?物件の説明など親身になって行ってくれるので、なんでも相談したくなりますよね。ただお金の相談だけけは別の方にすることを強くお勧めします。それはなぜか!?

不動産屋さんは不動産を売るプロでお金のプロではないから

有名なドラマの「家売るオンナ」でもこんな名言がありますよね。私に売れない家はない!!そうです、不動産屋さんの商売を家を売る事です!それを理解したうえで不動産屋さんと接しなければなりません。 例えばあなたが今家を買うかどうか悩んでいたとします。そこで不動産屋さんに家を買うタイミングはいつが 良いか相談するとしましょう。すると不動産屋さんはこう言います。「今が絶好の購入のチャンスです!」つづけてこんな事を言うでしょう。 「住宅ローンも低金利で住宅ローン控除もあって購入する上で有利な条件がそろってます。」 たしかに有利な条件である事は間違いないのですが、あなたが購入するタイミングが今かどうかは別問題です。

まとめ

いかがでしたか?不動産は人生で1番大きな買い物です。漠然とした不安が付きまとうものです。
社会情勢をコントロールする事はできませんが、これからの仕事や収入、支出、家族に関することは、計画を立てることによって漠然とした不安が少しずつ解消されると思います。ご自身で計画を立てても良いですし、もし自分だけでは不安な場合はファイナンシャルプランナーに相談してみて下さい。客観的な意見を聞くことによって新たな気づきを得られるかもしれません。FPのなかまはみなさんの不安や悩みが少しでもなくなる事を願っております。後悔のない選択ができると良いですね。

カテゴリー
FP独立開業

会社員が独立するときに考えるべきこと

[box03 title=”ポイント”]

  • 開業手続きの煩雑さ
  • 税制面で考えると課税所得900万円以上
  • 社会的信用度が事業に与える影響を考える

[/box03]

個人事業にするか法人を設立するか

まずは会社を設立するかどうかを考える必要があります。
1番の違いは個人の場合、「利益を得る」「損失を負う」など取引先との契約行為は全て個人が対象になります。
個人事業は無限責任です。事業での損失は全て個人が負担する形となります。
一方で法人の場合は社長個人ではなく法人が責任を負う形になります。株式会社等は有限責任で、責任を負うのは出資額までです。

開業手続きの違い

個人事業の場合は税務署に届け出を行うだけで可能です。手続きの費用もいりません。
個人事業の方がより早くコストをかけずに開業が可能です。
法人の場合は会社法に従い設立登記が必要になります。25万円から30万円の費用が掛かります。
一般的には税理士や司法書士に依頼をして手続きを行う事が多いです。

税金の違い

個人の税率は所得が大きくなるにつれて個人事業の方が税負担が重くなります。
税率は15%~55%(所得税+住民税)です。
法人の税率は20%~34%です。
課税所得が一定額を超えるようであれば法人の方が税メリットが大きい事がわかります。

損益分岐点として一般的には事業所得が900万円を超えるようであれば、法人化した方が税金は少なくなると言われています。

まずは個人事業で始めて事業が軌道に乗り始めたら法人化をするというのが無難な考え方かと思います。
僕自身スタートは個人事業主ではじめました。2年目から法人化して事業を行っています。
以下の表は株式会社と個人事業の違いを表にまとめたものです。

株式会社 個人事業
開業手続き 会社法で決められた登記手続きが必要 税務署への届け出のみ
設立費用 25万円~30万円     不要
事業の責任 出資金の範囲 無限に責任を負う
事業の廃止 所定の手続きが必要 税務署への届け出のみ
税金の負担 利益が多くなると個人事業主に比べて有利 利益が多くなると株式会社に比べて不利
会計処理 複雑(税理士依頼が一般的) 簡単(会計ソフト利用)
経費の範囲 個人事業主に比べて経費にできる範囲が広い 株式会社に比べて経費にできる範囲が狭い
決算報告     必要     不要
社会的信用度     高い     低い

 

まとめ

個人事業と法人それぞれメリット・デメリットはあります。手続きの手間などで考えると個人事業の方が比較的スタートはしやすいです。ただ取引先企業が個人事業主には仕事が発注できない場合など、仕事を受ける上で法人にしておいた方が良いケースもあります。自身の事業特性を考えて個人事業で始めるか法人を設立するかを検討されると良いと思います。
また、会社員時代と違いすべて自身で手続きを行う必要があります。起業に関して不安な時は起業支援に明るい税理士やFPに相談してみるのも1つだと思います。FPのなかま編集部は、みなさんのビジネス成功を応援しています。お力になれることがあれば気軽にお問い合わせください。

カテゴリー
転職

FP視点の転職のススメ!

みなさんどうもFPのなかま編集部です。
今回はFP視点での転職についてお話ししたいと思います。

みなさんが転職するならどのような職業を選びますか?

 

カテゴリー
住宅購入

【FP視点で解説】家を買う前にやっておけばよかった3つの事。

夢のマイホーム購入。人生でも数少ない機会ですよね。家を買うときに公開しない為に考えておくことを3つご紹介いたします。


某住宅コンサルタント会社の調べによると、
「家を購入する前に資金に関する勉強会があれば参加したかったですか?」 と質問しりと約70%の人が資金計画についての検討をもっと行っておけばよかったと回答しています。

また家を買うときに決断をすることが膨大で、皆さん細かく見ていないのが現状としてあります。建物の外観、内装、デザイン、周辺の環境、住宅ローン、不動産市況など、上げれば切りがありません。

 

カテゴリー
住宅購入

【FP視点で解説】これに当てはまる人は家を買うな!

長引く低金利時代で住宅購入のハードルが下がっています。家賃並みの支払いあるいはそれ以下でマイホームが持てますと住宅の営業マンは売り文句で言っていますよね。賃貸で家賃を払うくらいだったら、自分の購入してローンを払いゆくゆくは自分の資産になった方が良いのではないか?と考える方がFP相談の現場では多いように感じます。果たしてそうでしょうか?今回は「これに当てはまる人は家を買うな!」という題材で急いで家を買わなくてもよい方のケースを3つご紹介いたします。

その1 今の家賃並みで買えるからと考えている人

よく家賃を支払うのと住宅ローンの支払いはそれほど変わらないと言いますが、将来ローン金額が支払える保証はありません。しっかりと自分に合った支払額を見極める必要があります。また、住宅ローン以外にも管理費・修繕積立金・固定費資産税がかかります。特に修繕積立金は年数がたつにつれて上昇する可能性が高いので要注意です。

その2 転勤の可能性が有る人

家を買うという事は、同時に生活の拠点を簡単に変えることができなくなることを意味します。賃貸であれば、転勤になったとしても退去の届けを出すくらいですみます。しかし購入したのちに転勤をすると、そう簡単にはいきません。賃貸に出すにしても不動産会社などとのやり取りが増え大変です。自身のライフプランやキャリアプランを踏まえて購入するかどうかを検討する必要があります。

その3 家族構成が変わる可能性が高い方

家族構成が変われば、部屋が手狭になったり部屋数が足りなくなったりする可能性が有ります。そうなると、売却して住み替えをするなど考えていく必要があります。お子様が増える可能性があるご家庭はしっかりライフプランを考えた上で物件の広さを考えましょう。ある程度ご家庭のライフプランが定まってからでも住宅購入は遅くありません。今後どうなるか分からない場合は賃貸でしばらく様子を見るというのも一つです。

カテゴリー
不動産投資

FP的不動産投資のすすめ

不動産投資と聞いて皆さんはどのようなイメージを持ちますか?近年、テレビやニュースでも世間を騒がせている「かぼちゃの馬車」や「スルガ銀行」の融資、「レオパレスショック」などにまつわる件で恐いというネガティブなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?
今回は、そのようなネガティブなイメージを持たれている方に向けて不動産投資のメリット・デメリットをFPの視点で解説していきます。しっかりと理解して不動産投資に取り組めば決してリスクの高い投資ではない事がお分かりいただけるかと思います。

不動産投資の種類について

まずは不動産投資の種類について解説していきます。

大きく分けてつの種類に分類されます。

 

  • 一棟

  • 区分所有

  • 戸建て

不動産にはいろんな種類があります。

それぞれメリット・デメリットはあるのですが、 不動産は1に立地2に立地3,4がなくて5に立地! と言っても過言ではないほど、とにかく立地が重要です。

カテゴリー
住宅ローン

住宅ローンの金利選びに迷ったら?

僕たちFPの元には住宅ローンの相談が非常に多いです。理由は家を購入する時に相談に来られるお客様が多いので必然的に住宅ローンの話になるのです。そこでまず聞かれるのが「変動」か「固定」かどっちがいいと思いますか?今回は「変動」か「固定」かを選ぶポイントについてFPの視点でお伝えしたいと思います。

住宅ローンは変動と固定どっちがいいの?

 

このテーマは非常に多いですね。結論から言うと、お客様のリスク許容度によります!金利が上がるか下がるかは神のみぞ知るのです。株価を予測するのと同じように簡単ではありません。したがって、変動金利を選ぶ場合は金利が上昇した時に返済できる体力があるかどうかを見極めなければなりません。
では金利はいくらくらい上がる事を想定しておいた方がよいのでしょうか?
下記のグラフは住宅金融支援機構が出している過去の金利水準です。
約30年前は8パーセントを超えていたのですね。これは恐ろしい。今では考えられませんね。

http://住宅金融支援機構

変動金利を選んでも良い人は?

FPとしては今の金利情勢を考えると固定の一択でもよいと思いますが、お客さんの中には少しでも目先の支払額を抑えたい!というかたも多くいらっしゃいます。 そんな方の為に 変動金利を選んでも良い方のポイントを大きく3つ挙げてみます。

  • 子供の教育費がかからない、あるいは支払いが終わっている人。
  • 退職金が数年以内に受け取る予定のある人。
  • 金利が3%程度上昇してもローン返済を続けられる人。

子供の教育費がかからない人

みなさんは人生の三大資金について聞いたことはありますか?
人生の三大資金とは住宅・教育・老後ですね。この中の住宅と教育が重なるタイミングで仮に金利が上がると、教育費用もかかる上に住宅費用が今よりも高くなり家計が火の車になる事は目に見えてます。そんな時に限って子供は私立に行きたい、塾にいかなきゃと言い出すものです。仮にこの教育費がないDINKS世帯(子供がいない共働き世帯)は変動金利のリスクをとってもダブルインカムで何とかしていける可能性がありますね。

退職金が数年以内に受け取る予定のある人。

これは単純な話で、金利が上がったとしても退職金で一気に返しちゃいましょう!という話です。まとまった資金があれば金利が上がったとしても残債を減らすことができるので、金利上昇のリスクは限定的と言えます。例えば4000万円の残債に対して金利が4%だと160万円の利息です。
繰り上げ返済を3000万円行うと残債1000万円になるので40万円の利息で済みます。金利上昇のダメージが1/4に軽減されるのです。

金利が3%程度上昇してもローン返済を続けられる人。

こちらはまとまった資金がなく繰り上げ返済もできないパターンの方です。
しかし、金利が仮に3%上昇しても毎月の返済を滞りなく行う事ができれば変動金利のリスクをとっても問題ないでしょう。仮に3%金利が上がると現在の金利水準から考えると3.5%~4%ほどになります。さすがにバブル時代の8%の金利上昇は見込まなくても良いですが、3%~4%に上がっても返済できる体力があれば変動金利を選んでも良いと思います。

まとめ

上記3つの例に共通して言えるのは、金利が上がった時に対処できる力があるかどうかです。もし金利が上がった時に対処ができないとローン返済不能に陥り自宅を競売により没収されてしまいます。そんなことあるわけないと思っているそこのあなた!!実際に競売はかなりの件数行われています。
下記の際とは競売の不動産を取り扱っているサイトです。2,231件競売物件があると書いていますよね!
このように競売は日々行われ 家を泣く泣くでていく方がいるのです。

http://bit.sikkou.jp/app/top/pt001/h01/

このようにならない為にも安心で安全な住宅ローンを選んでいただきたいものですね。もし住宅ローンに迷われている方は「モゲチェック」で自分はどのくらいリスクを取る事ができるのか調べてみると良いと思います。金利タイプのみならず自分にとって良い金利で貸し出しをしてくれる金融機関も紹介してくれます。